会員の皆さまへ 学会活動内容・理事長挨拶

理事長挨拶

日本美容外科学会理事長就任のご挨拶


この度、梅澤文彦前理事長の後を受け理事長に就任しました保志名勝でございます。
梅澤先生は32年の長きにわたって、美容外科学会はもちろんわが国の美容外科の発展のために一方ならぬご尽力をいただき、その大きなご功績は誰もが知るところであります。

私は、昭和57年に十仁美容整形に入職以来20年間、梅澤先生の下で、美容外科を一から勉強させていただき、美容医療の精神を叩き込まれました。その後も公私にわたりご指導いただいて今日に至っております。学会には35年間学会員として、また理事として携わってまいりました。先生には到底足元にも及ばない未熟者でございますが、皆様のご推挙で身に余る大役を仰せつかりましたからには、全力を尽くして、美容外科学会の発展に貢献してまいりたいと決意しております。

さて、当学会は昭和41年、当時の文部省から認可いただき設立以来48年間 公益財団法人 日本美容医学研究会として運営されてまいりましたが、平成25年、法改正に伴い一般社団法人日本美容外科学会として新たにスタートしました。
現在は、約1000人の会員により運営されております。

昨今の日本美容外科学会を取り巻く情勢は厳しく、特商法、医療広告、二つの同名の学会、専門医制度、事故調査委員会問題などを中心に山積しています。
そのために理事の先生方と力を合わせ、会員皆様のご意見に耳を傾けながら日本美容外科学会を、ゼロベースで改革し、発展させてまいりますので、一層のご支援ご協力をお願い申し上げます。

終わりに、われわれ美容外科学会員は、美容医療ニーズの多様化や標榜医療機関が直面する課題に多面的な解決を図るため、継続した研修と実践を重ねながら、患者様の満足のため安心安全を希求しながら実践していく姿勢が基本であると考えております。
そして、美容医療は患者様を幸せにする幸福医学であるという根本精神と「一党一派や人種、宗教、国籍などに偏ることなく」という大原則のもと、健全な美容医療の発展こそがより良い社会づくりへと繋がることを確信し、たゆまぬ努力を傾注し、学会活動を展開してまいります。


平成29年3月

日本美容外科学会 理事長
保志名 勝

<

平成30年度事業計画

I.調査研究・学会・講演会開催事業

  1. 第106回学術集会を綿引一学会長のもとに、5月16日〜17日品川プリンスホテルで開催する。
  2. 美容外科医療に関する調査、分析を行い、検討結果を整理し、学会資料として会員に広く広報する。

II.専門医制度に関する事業

  1. 30年度専門医認定試験を1回東京都で行う。
  2. 専門医制評価・認定機構に参加する前提での条件整備。
  3. 専門医制度関係書類を電子化する。

III.広報事業

  1. 学会としての直面する諸問題に対する見解の表明、公表。
  2. 美容外科の社会への周知、啓発のための資料の作成、公表。
  3. 上記目的を遂行するためホームページの充実をはかるる。

IV.学会誌および図書等刊行事業

  1. 会報54号を発行する。
  2. 学会新聞を発行する。
  3. その他図書の刊行。

V.医療制度に関する研究調査事業

  1. 美容外科医療に関する医療制度実態調査を行う。
  2. 厚生労働行政における診療科別政策管理に関する事業に協力する。
  3. 行政課題特に学会としてのインフォームドコンセントガイドラインの策定および全会員への徹底に向けて会員相互間の連絡を密にし、円滑な運営をはかる。
  4. 医事問題に関し調査・研究を行い、会員への周知を期する。
  5. 中央・地方官庁の美容外科医療担当部門、医師会ならびに関係団体との連携を密にし、国民・患者そして学会員の福祉の充実に寄与する。

VI.関連学術団体との協力事業

  1. 日本学術会議、日本医学会、日本先進医療医師会の事業に協力する。

VII.国際的な研究協力推進事業

  1. 諸外国の美容外科学会および関連学会との連絡・協調に当たる。

VIII.その他

  1. 医療関連の官公庁、団体などの審議会、委員会などに積極的に参加協力し、美容外科に関する情報の収集、伝達をはかり、学会の見解を反映すべく努める。
  2. 美容外科と他科の境界領域の問題を検討し、それに対処する。
  3. 美容外科領域の専門医に係わる問題について検討する。
  4. 厚生労働省の調査研究に協力する。
  5. 共済、医師賠償責任保険制度の適正な運営をはかる。

学会員向け活動内容

  1. 学会及び開業医を発展させるための諸活動を展開するる
  2. 会員共助・保護活動(医療事故対応活動)
  3. 脅迫、誹謗中傷等ネット犯罪対
  4. 共同広告の展開(HPその他の媒体)
  5. 共同購入(指定業者制)による経費削減
  6. 会員の自由な意見を反映させる会報およびWEB版
  7. 経営相談室設置
  8. 学会でのクリニック紹介ブースの設置および医師募集のサポート
  9. 開業医同士の業務提携のサポート
  10. 行政対応窓口の設置
  11. 未承認医療機器の取り扱いの簡素化
  12. 広告規制に適応するガイドラインの周知

組織図


組織図

理事長:保志名 勝
理 事:森上 和樹
    綿引 一
    高田 章好
    平田 修人
    鎌倉 達郎
    相川 佳之
    山川 雅之
    倉田 荘太郎
    田中 亜希子
監 事:斎藤 全一郎
* 2017年11月16日現在