会員の皆さまへ 学会活動内容・理事長挨拶

理事長挨拶

理事長就任のご挨拶


 第110回日本美容外科学会後に行われた理事会において、理事長に選任され、就任致しました。
 本学会の活動は1966年梅澤文雄先生が日本美容整形学会を設立したことに始まります。1978年に日本美容外科学会(Japan Society of Aesthetic Surgery: JSAS)に改称され、1985年には梅澤文彦先生が理事長に就任され、さらに2017年に保志名勝先生が理事長を引き継がれて今日に至りました。日本における美容外科の歴史と発展のために、多大なる功績を残されてこられた諸先輩方の後任を仰せつかったことは大変光栄であると同時に、身の引き締まる思いです。
 本学会の目的は、美容外科に関する研究並びに科学的知識および技術の普及発達と美容外科の学術上の地位の確立を図ることです。同時に、美容外科は人類の健康と幸福の増進を図る「幸福医学」であり、一党一派や人種、宗教、国籍などに偏ることなく健全な学会活動を行うことを原則としております。
 本学会の会員数は2022年3月時点で1,248名、学会開催数が110回、学会機関誌も57巻を数えます。現在の私たちを取り巻く環境は、美容外科のみならず、美容皮膚科、美容内科などの多領域の分野から構成される、共に人類のQuality of Lifeを追求することを目的とした美容医療という大きな枠組みへと変化しており、毎年開催される本学会でも外科治療だけでなく、注入治療やEBD(Energy-Based Devices)などを用いた皮膚科治療、サプリメントや漢方などの内科治療など多領域にわたる講演や発表が行われています。
一方で、美容外科、美容皮膚科、美容内科を問わず美容医療に興味を持って美容クリニックに足を踏み入れる医師たちが着実に増加しており、それに伴い開業数も増加の一途を辿っています。
 本学会は日々の美容医療の診療において、会員の皆様にとって役に立つ重要な技術、知識、ノウハウ等を提供することを目指しています。そのためには一党一派を超えた幅広い交流や情報共有が重要であると考えています。会員の皆様がより高いレベルで美容医療を実践すること、関連メーカーや関連会社の方々がより効果が高く機能性に優れた安全性の高い美容医療の材料や機器を提供して頂けること、そしてビジネスの手助けとなるノウハウを提供して頂けることで、美容医療を享受する人々がより高い幸福感を達成することができると信じています。
 これからも美容外科をはじめとする美容医療が益々健全に発展して、多くの方々が安心して美容医療を受けることのできるように会員、各社の皆様と精進して参りますので、ご支援、ご指導のほど何卒よろしくお願い申し上げます。
2022年6月

一般社団法人 日本美容外科学会(JSAS) 理事長
鎌倉 達郎(聖心美容クリニック)

<

事業計画

I.調査研究・学会・講演会開催事業

  1. 第110回学術集会を田中亜希子学会長のもとに、5月27日〜28日ホテルオークラ東京で開催する。
  2. 美容外科医療に関する調査、分析を行い、検討結果を整理し、学会資料として会員に広く広報する。

II.専門医制度に関する事業

  1. 2022年度専門医認定試験を1回東京都で行う。
  2. 専門医認定機構に参加する前提での条件整備。
  3. 専門医制度関係書類を電子化する。

III.広報事業

  1. 学会としての直面する諸問題に対する見解の表明、公表。
  2. 美容外科の社会への周知、啓発のための資料の作成、公表。
  3. 上記目的を遂行するためホームページの充実をはかるる。

IV.学会誌および図書等刊行事業

  1. 学会誌を発行する。
  2. 学会新聞を発行する。
  3. その他図書の刊行。

V.医療制度に関する研究調査事業

  1. 美容外科医療に関する医療制度実態調査を行う。
  2. 厚生労働行政における診療科別政策管理に関する事業に協力する。
  3. 行政課題特に学会としてのインフォームドコンセントガイドラインの策定および全会員への徹底に向けて会員相互間の連絡を密にし、円滑な運営をはかる。
  4. 医事問題に関し調査・研究を行い、会員への周知を期する。
  5. 中央・地方官庁の美容外科医療担当部門、医師会ならびに関係団体との連携を密にし、国民・患者そして学会員の福祉の充実に寄与する。

VI.関連学術団体との協力事業

  1. 日本学術会議、日本医学会、日本先進医療医師会の事業に協力する。

VII.国際的な研究協力推進事業

  1. 諸外国の美容外科学会および関連学会との連絡・協調に当たる。

VIII.その他

  1. 医療関連の官公庁、団体などの審議会、委員会などに積極的に参加協力し、美容外科に関する情報の収集、伝達をはかり、学会の見解を反映すべく努める。
  2. 常設の美容外科セカンドオピニオン室で一般からの問い合わせなどを受け、それに対処する。
  3. 美容外科領域の専門医に係わる問題について検討する。
  4. 厚生労働省の調査研究に協力する。

学会員向け活動内容

     
  1. 財団法人 日本美容医学研究会より継承し、一般財団法人 日本美容医学研究会より開催受託している学術集会「日本美容外科学会」を開催する
  2. 学会及び開業医を発展させるための諸活動を展開する
  3. 会員共助・保護活動(医療事故対応活動)
  4. 脅迫、誹謗中傷等ネット犯罪対策
  5. 共同広告の展開(HPその他の媒体)
  6. 共同購入(指定業者制)による経費削減
  7. 会員の自由な意見を反映させる会報およびWEB版
  8. 経営相談室設置
  9. 学会でのクリニック紹介ブースの設置および医師募集のサポート
  10. 開業医同士の業務提携のサポート
  11. 行政対応窓口の設置
  12. 未承認医療機器の取り扱いの簡素化
  13. 広告規制に適応するガイドラインの周知

組織図


組織図

理 事 長 :鎌倉 達郎
副理事長:森上 和樹
理  事:相川 佳之
     田中 亜希子
     酒井 直彦
     池田 欣生
     今泉 明子
     室 孝明
監  事:平田 修人
   * 2022年7月25日現在